女性必見!自己PR法

女性向けに、自己PRのポイントをお教えします。男性は女性の何に注目するか。女性の職種に注目します。例えば、「看護師」「保育士」「介護福祉系」の職種の女性は優しく癒される良妻タイプとイメージしがちですが、現実は違います。体力勝負で心身ともにタフでなければ持たない現場。かなりのギャップがあると言えます。他にもギャップがある職種を挙げると、「広告マスコミ系」は派手でお金遣いが荒い、と思われます。職種イメージと実際の性格にはギャップがあります。女性も男性に勘違いされない自己PR記載をしましょう。

例えば、前者であれば「職種的に優しいと思われるかもしれませんが、実際はかなりタフな現場です。人との接し方についてスキルは上がっているかと。結婚後は親戚づきあいやご近所づきあいがあると思いますが人間関係には慣れているので安心してもらえるとは思います」と、さりげなく、職場で培った自身の強みを結婚後の強みになることをアピールしつつ、「癒される」と男性がしなだれかかるようなことがないよう予防線を張りましょう。また、結婚すると女性はさまざまな人間関係のシガラミを背負うことを男性にも知ってもらえます。

後者については、「職業上お金遣いが荒そうに思われるのですが、そんなことはなく生活はいたってシンプルです。」と質素倹約さをアピールしましょう。男性は結婚後、妻にお小遣いなど管理され不自由な結婚生活になるのではないかと非常に警戒しています。相手が安心してアプローチできる自己PRにすべきです。